CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< まめっちょ | main | おしらせ >>
ものさし
 

おだやかな昼下がり。春の風が吹き抜ける、うぺぽの2階。
いい季節が、またきたね〜
窓ごしには、大昔は蛍の住む川やったという曲がりくねった小道と
春になるととびきり輝く裏庭の「くすの木」が、よく見える。

この、くすの木、私たちが引っ越ししてきて以来、
事情あって切り倒された大きな古株から、にょきにょきと再生したもの。
うぺぽの庭のど真ん中で、うぺぽとともに、時を刻んでいる。
多くの虫や鳥たちに愛されかじられ、葉っぱをつけたり落としたり。
地味ながらも、日々、一歩一歩、確実に空に向かって伸びている。
モクレンやハナミズキのように花を咲かせるでもないこの細い木、
当初は「勝手に伸びて、パワフルで、やっかいやなー」とか思ったけど
時を重ね、お世話を重ね、生命力をまざまざとみせつけられて、
今では、いとおしくてたまらない、だいじな、ものさし。
蘇生後、3年半ほどの若木。一緒に歩んで、こんなに大きくなりました。



只今、晴天時のランチタイムに <お庭席>ご利用頂けます。
お二人組様までで、早い者順。(注;お外席も禁煙でお願いします)
この、ほんの一瞬の季節を心待ちにされていた方、おられませんか?
ここに座って、ゆるりとランチしてデザートしてお茶して、
春の匂いに包まれながら、静かに読書タイムを堪能したぁ〜〜い ♪
というのは、未だかなわぬ私の夢。
こないだの日曜はこうすけさん、お外で絵本にランチにと
ひとり楽しげに長いこと過ごしてはった。
「こうすけのおともだちが来たら、そん時は呼んでな〜」って。

いつの日か、天然の立派な木陰が出来て
日よけパラソルが要らなくなる日が来るんでしょかね。
裏戸が開いている時は、裏口からでも、どうぞお気軽にお入り下さいませ。
| 「うぺぽ」4th 春 2011 | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.moonchai.com/trackback/1427967
トラックバック