CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ミロコマチコ展

うれしいイベント情報!
枚方出身の画家・絵本作家であるミロコマチコさん、お盆期間中(8/13-18)に京阪百貨店守口店にて個展開催されます。

8/13(木)午後1じからライブペイント、14(金)午後2じから「みんなで海をつくろう」ワークショップ、サイン会などもあり。入場無料。


うぺぽにカレー食べに来るついでに個展、個展みに来はるついでにうぺぽカレー、なんしかセットで!おすすめしまーす。笑
(うぺぽは定休日火曜以外、通常営業の予定)
お盆の1日はこれで決まり♪ほっこり♪

| 絵本 | 11:30 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
てつぞうはね

うぺぽのカウンターにある「ねこのねかた」、
それを見てひと笑いした常連のヤスイ君が、
購入したての絵本を貸してくれた。
ねこ好きにはたまらない。
「てつぞうはね」ミロコマチコ著
愛おしさ、むぎゅーーーーっっ。
こにーもてつぞうと出会ったかな。


ええ顔した動物もんに弱い私。
ミロコマチコ画のクマ顔リネンにも胸キュンし、
先日は倉敷意匠計画のワニ皿♪と嬉しい出会い。
型染めユニットカタカタさん絵。
グルルルル〜
| 絵本 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ひとりっこ

ある晩のこと、
えほんを何冊も読みきかせてはった。
ここほれガッチャ」の紙芝居まで。
怪獣さんたちよ、おつきあいアリガトウ。
| 絵本 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぶたぶた、
こどものとも /土方久功さく、え


ぱんやの おじさんは にこにこ おじさん
「かんしんだから、いちばんの
かおつきぱんの じょうとうぱんを あげよう」

ぱんやのおじさん、やおやのおねえさん、お菓子屋のおばあさん
強烈なキャラクターたちに笑える。
サモアで暮らした版画家の描く絵と配色も面白く、
そもそも、ぶたぶたくんの本名はお母さんも忘れてしまったのさ〜ではじまる平和なお話。昔から、だーいすきな絵本。
(うぺぽ本棚に並んでます、大人の方もぜひ☆)


かおつきぱんのじょうとうぱんをつくって並べる。
これ、私の夢のひとつ。。むふふ。
中身は、さつま芋かな〜、ずんだあんかな〜♪
| 絵本 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おめでとう

1月20日;こうすけ人生2本目の歯がぬけましたー♪
下の前歯で、ずいぶんと長い間ぐらぐらしてたんが、ようやく。
これまためちゃくちゃカワイイ歯でじーーんときたわ。
この絵本は、去年1本目の歯がぬけた時にみつけて買ったもの。
タイムリーで、ユーモラスで、おもしろい。
ちゃぶ台と縁側があって我が家とよう似た古民家の場面もあり
「お母さんが子供の時は、縁の下とかにすてたものよ。
下の歯は屋根の上になげるの」〜というお母さんのお話、
「ねずみの歯よりつよくなぁれって、おおきなこえでいいながらなげるの」
とあった。



おとんにだっこされ、2本めの歯をほおり投げたこうすけ、
「ねずみの歯よりおおきくなぁれ〜」と、うれしそうに口にした。
えー? まちがえて覚えてるやん〜 大きさは、ふつーがええ思います。
| 絵本 | 16:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
えほんやさん

いつものように「ちょっと休憩ね」と大人のジュースを飲む私のそばで
この日は突然、「えほん読み」が、はじまった。
ニコニコしながら、次々と絵本を読み聞かせてくれる、こうすけ4才。
ほんまに彼はえほんが大好きやねんなーと、しみじみ思う。
交代交代で読もうかーゆうのも好きやし、自分ひとりでよむのも楽しい様子。
おかんも絵本が大好きやし、世代を越えて、何度開いても飽きられることなくうれしい気持ちにさせてくれる絵本ってほんとすごい!と思う。

この日、こうすけの選んだ「こどものともシリーズ」3冊;
かばくん』は1962年、『かばくんのふね』は1964年発行。
動物園に暮らす動物目線で描かれた、やさしくて静かでまぁるい世界。
ねこのミロ』は2002年発行の月刊こどものとも。
いなくなった愛猫を探しに男の子が裏山から旅に出る、冒険のお話。
どれも穏やかであったかくて、すごく魅力的なえほん。
色もきれいで楽しいし、こうすけでなくても、ワクワクしちゃう。



『かばくん』に登場するキリンやらゾウさんやらの心ある動物たち、
「レゴブロック動物園」を愛用するこうすけの頭の中では、しっかりリンクしてるんやろなと思う。彼のつくる動物たちの町には、ちゃんと何やらストーリーがあって、自由でおもしろい。

「将来 かばんやさんになるねん」という、こうすけ
大好きなえほんに囲まれた「えほんやさん」もたのしいやろねー
えほん作家でもある店主は、店先でお絵描きしながら接客するの。
小さな店の入口、陽のあたる窓辺にはにゃんこがお迎えしてて。。。
裏庭には『おおきなきがほしい/さとうさとる』みたいな大きな木があって、そこに廃材で組んだツリーハウスが住まいで、遠くに海がみわたせて、
友達よんで、ホットケーキ焼いて!って。
妄想は、はてしなく広がるぅ〜



| 絵本 | 09:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
だいすき☆

いやぁ〜 おふろでアイスはうまいっす☆
おこたでミカンもいいけれど。
おそとでオニギリもいいけれど。
おかんの作る、くずプリンも大好きやけど
たまに食べる濃厚デザートは、最高のごほうび♪

しあわせ顔のこうすけさん。
お風呂でアイスを堪能した後は、ダッシュで頭や体を洗い、
歯みがきしてトイレして、早口でこにーに「おやすみ」を言う。
いつも、夜の9じまでには寝床につくようがんばっているのだ。

もし、8じの「6」までに寝床にいけたら1冊、
8じの「3」までにできたら2冊!
すきな絵本を読んでもらえるという毎晩のおたのしみつき♪
(土曜の夜だけは、30分繰り下げルール☆)

えほんが だーーーーーいすき☆な彼は、
とけいをチラ見し、よく泣きそうな顔しながら がんばる。
毎晩のこと、さすがにだんだんと支度が早くなってきた。
順調に、えほんにありつけるようになってきた今頃。

1階に絵本棚があり、2階にも小さな絵本コーナーがある。
その日に読んでもらいたいものを下から持ってあがったり
2階にいつもあるもののなかから選ぶ時もある。
週に一度、保育所で借りてくる本もある。
この、毎日の絵本えらび、これがまたすごく真剣で、楽しそう。
どれにしよっかなー きのうはこれやったしー おかんやしー
やっぱこっちにしよっかなー とか、なんやら考えながら選んではる。


この日は、ぞうくんの シリーズ2冊☆でした。



絵本を読む時の母親は、普段どんなに忙しくても、
すごくリラックスしてて穏やかで優しい声になるから、
子どもはそんな母が大好きなのだ!と、昔、何かの本で読んだ。
いつも動き回る母も、この時はかりは、じっと座って子を抱む。
親にとってもお子にとっても、かけがえのない魔法のような時間。
さすがにイライラしてたら、絵本は読めまへんし
絵本って、ほんに偉大です。

ちなみに、おかんは「ずかん」は読みません。
なので、おとんが本読みしてくれる日は「ずかん」がよく選ばれる。
| 絵本 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はろるどとこうすけ♪


ある晩、はろるどは、月夜の散歩がしたくなりました。
魔法のむらさき色のクレヨンを持って。
そのクレヨンで描くと ‥‥‥

これは、こうすけの大好きな絵本のひとつ;
『はろるどとむらさきのくれよん』 クロケット・ジョンソン作絵。
母ゆうこの幼い頃に好きだった本のひとつでもあり、
ふと、丸坊主な彼の横顔を並べてみた。 ‥‥‥ そっくり! 笑

雷が鳴ると、大急ぎでTシャツをズボンに入れ、おへそを隠す。
(ばぁばが着替えさせてくれる時のようなダサダサの格好♪)
保育所で、そんなことすんのは、こうすけぐらいらしいけど
このまま、想像力豊かに育ったらいいかなぁ と思う。
イメージ力が強いと、恐れるものも多くて、やっかいな人生かもしれんけど。ピュアな心で、歩みよし〜



| 絵本 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
わにわに


こうすけ3才児を魅了する絵本たち。
たくさーーーんあるお気に入りの絵本の中でも、この「わにわに」には特別な何かが…‥?あるような、ないような。
     小風さち ぶん 山口マオ え   福音館

「わにわには おふろが だいすきです。」
マイペースな主人公のゆらりゆらりとした暮らしぶりが
昔懐かしく&おもろい風の吹く中、坦々と描かれている。



「わにわには うたも うたいます。」
「うり うり うり うり」「オーイェー」…‥ ♪





ほかにも、シリーズ揃ってます。
最近の絵本で心ときめくものは少ないけど、
これは、こうすけの孫の孫の代まで、継承まちがいナシ☆
昭和好き・うぺぽ好きには? イチオシ〜!の1冊です。
お求めは、お近くの書店でどうぞ。 笑
| 絵本 | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
蝶々


豊里大橋のたもと、淀川河川敷へ。
陽ざしはまだ強いけど、ふぅ〜っと秋風を感じた。えほん(子ヤギがめぇめぇ)の中でしか知らない「ちょうちょ」がひらひら、のんびりと羽を温めていた。ゆきあいの季節、よかとですなぁ。。。
| 絵本 | 14:36 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |