CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
いいお天気


本日、晴天なり。
澄んだ秋の青空とぽかぽか陽気。
こんなにいいお天気やのに、客足少なめの静かなランチタイム。



みなさま、来迎カレーでお腹を満たしたら、難宗寺へ向かいましょう。
道なりの景観が変わっても、きっと末永く変わらないこの雅びな景色。
お寺の側に住まう幸せ、実感する。。。あ〜 ほっこり散歩道。



門をくぐると、じゃじゃじゃーん、みよっ、この銀杏のお姿。
夜にはライトアップされて、それもまたとても美しいどすえ。



うぺぽにも、思いがけず、小さな秋が来ています。
玄関先の植木が、麗しく紅葉しましてん。愛でられよし〜
| 「うぺぽ」2nd 秋 | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ながぐつ


うぺぽの朝は早い。
朝の5じすぎから、トントントントントン‥と
玉葱を刻む音、朝の仕込み がはじまる。

土間(厨房)は寒い。
昔のほんまもんの土間じゃないから、心ない底冷え方をする。

少しでも快適に、少しでも気持ちよく働けるようにと、
ラバーの柔らかい、こじゃれた長靴を買ってみた。





こうすけが履くと、こんな感じ。
おかしな絵になりました。 ごきげんさん☆でありました。
| 「うぺぽ」2nd 秋 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本の棚


おもしろいデザインの本棚(イタリア製?)をみつけた。コンクリーの壁面なんかにも打ち付け可能で、うまいことディスプレイすると、本が宙に浮いてみえるようなものだとか。私はそのシンプルな形に惹かれて購入。重ねた本の上には、オラウータン君を座らせて「ご自由に読んでね」などと彼に語らせてる、つもり。



うぺぽ入口には常時、その日の新聞と、何冊かの旬な雑誌(クロワッサンやらブルータスやら)を置いている。その他、子供の絵本、大人の絵本、哲学本、宗教本、料理本、器の本、エッセイ、旅の本、など色々。

テレビの横、ミシンの横、2階奥にも本棚があり、
色々なテイストの生活雑誌や書籍が「お手にとってね」と
静かに出会いを待ってる。

慌ただしい日々の中でも
ほんのひととき、食後に絵本を開く時間に、心癒される私。
時間があれば、本をゆーっくりと読みたい。な。
時間があればやりたいこと、って、次々でてくるけど、
今、読みたい本、たくさんスタンバイ中。



常連さんとは、気がつくと、本の話題になってたりする。
お客様に貸して頂いた魅力的な本が何冊か手元にある。

実は私、来月中旬に簿記の試験があり、今はその勉強を最優先させるべく、ちょいと我慢の日々。あまりにも勉強できていないから、焦りんちょですが、これまた、親切なお客様が、過去の試験問題をたくさんコピーしてくださったので、ありがたく!活用せぬわけにはいきませぬ。

無事に終われば、心おきなく読み物タイムだ〜

あ、そうそう、常連さんに頂いたヨガのでDVDもまだ見れず。。。
アシュタンガ・ヨガとやら。なにやらすごく面白そうだけど、これにハマって熱心にやりすぎると、乙女でも鬚が生えて来たり生理が止まったりもするらしい。お、おそるべしヨガワールド〜
| 「うぺぽ」2nd 秋 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キッズプレート






にちようび。今日は、お友達も来てくれたので、いつものように、こうすけもお客様に混じって「キッズプレートおねがいしまーす☆」
小学2年生のお姉ちゃんたちも一緒にお食事。

「うぺぽのカレーはおいしいねー♪」
2才児3才児、みんな慣れたもんで、上手にお食事。

うぺぽのベビープレート、キッズプレートには
おもちゃはついていません。が、愛情たっぷり☆

この日はなぜか、来る客、来る客、お子様連れーーー!
久々の満席に、自由奔放なお子たちと手間のかかるキッズプレートが集中して大忙し。保育園のお友達(りょうがくん、りくちゃん)たちもお初に来てくれはったのに、ろくにお話できへんかったわ

夜は夜で、常連様、若者組、大家族が来てくれはり
とっても賑やかな一日でした。

ちなみに、一番下の写真は、ちょうど1年前のん。
ふたりとも、カレーはうぺぽのことやで、ってきっと思ってる。笑

お子たちよ
うぺぽのカレーをたくさん食べて 大きくなぁれ!
| 「うぺぽ」2nd 秋 | 16:52 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
メメント・モリ


色々なマイブームが起る中、3才3ヵ月のこうすけ、パズルに夢中。

どっぷりと1つの遊びに集中することの少なかった、集中力の乏しい移り気なこうすけ、お友だちの家で、あんパンマンやらトーマスのパズルを夢中になって一緒にじっくり仕上げたと聞き、母は大喜び。そんな時期が来たのね〜。で、この日は開店前に、百貨店で新たな「働く車たち!」のパズルを購入。ちょいと難しそうー



慌ただしい日曜日、店の2階奥の席で自由に広げさせ、「これで、しばらくはおとなしくやってるかなー」と思っていたら。。。こうすけの大好きな助っ人参上ー! 常連のお坊さま(お客様)が、こうすけの声掛けに応じてくださり、なんやら、パズルのヒント与えてくれた模様。



間もなくパズル完成ー、ういーっっす!(なぜか?)「3才でっせー!」 のポーズ。(photo by Kazii, i-phone.) 

とっても満足げなこうすけでありました。



実は、このお坊さん、うぺぽ店主も大大好きな方で、この方の左手首のドクロの腕輪(仏具)をおねだりして、見繕って頂いたほど。。。そもそもは、素敵なお花やさん=ハッピーカムさんのお客さまで、うちをご紹介頂いた方。

色々あるけど、店やっててよかった〜 と思うのはこんな時。
こんな数々の貴重なご縁に、じんわり幸せ噛み締める、私たち。

穏やかな空気とクセのある面白いお話を運んでくださるこの方。お話する度に色々な事を感じ&考えさせてくださるのですが、がい骨(しゃれこうべ)のずらりと並んだ腕輪を前に、『メメント・モリ』と言葉を添えてくださったとか。。。「私ら皆、着飾ったりなんやしてるけど、所詮中身はこんな姿やからね」(しんちゃん訳)。「人はいつか死ぬもの、そのことを意識して生きるんや〜」(ハッピーカムさっちん訳)

Wiki辞典によると;
メメント・モリ(Memento mori)は、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句である。日本語では「死を想え」「死を忘れるな」などと訳されることが普通。

『メメント・モリ』

そのコトバから、すぐに、藤原新也の写真集が頭に浮かんだ私。大学時代、4年間勤めていた父なるインドカレー屋 タンダーパニーに並んでいた本。温和なマスターはお客様に「インドでカレーの修行してきはったんですか?」と聞かれると「ボク、外国は淡路島しか行った事あれへんねんー」といつも真顔で応えてはった。横尾忠則のインドやら、妹尾河童の覗いたインドの本も面白かった。藤原氏の「メメント・モリ。」当時、それはそれは、胸に残る、しっとりとした写真集だったなぁ〜

私は昔、お寺の付属幼稚園に預けられた。お昼寝が嫌で、本堂で寝たふりしながら、視線の先にいつも、大仏様のような方を見ていたような記憶がある。

今では、寺付属の保育園はあまり残っていないようだけど、私自身が授ったような記憶、仏様(大いなる存在)のたもとにいるんだよー的な経験を、こうすけの幼少期にも、できるだけ植えたいと願う。日本人として、平和嗜好で寛容な仏教人として。。。

「こんどは もっと早くきてなー」なんて言いながら
粋なお坊さんに遊んでもらえるこうすけは幸せもんです。

ありがたいご縁
偶然で必然の、うれしい日々の出会いに、感謝☆
| 「うぺぽ」2nd 秋 | 23:34 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |